NPO法人 捨て猫をなくす会

お問い合わせ

捨てないで、小さな命。


▲▲▲
この検索窓で買い物すると
自動的に当会へ寄付に!

フェイスブック見てね
お知らせ

静岡県が動物愛護推進計画の一環として皆さんの動物愛護に関する意見を求めています。
県のホームページをご覧になり皆さんでファックス又はEメールで意見を投稿しましょう。

FAX:054-221-2342

新聞記事より

SOCIAL ACTION RING

捨て猫をなくす会とは

「捨て猫をなくす会」とは、静岡県富士・富士宮市を中心に、捨てねこ防止のための
啓発活動を行う、会員90名程のボランティアグループです

「捨て猫をなくす会」とは、静岡県富士・富士宮市を中心に、捨てねこ防止のための 啓発活動を行う、会員90名程のボランティアグループです

これ以上かわいそうな猫が、増えない、生まれないよう、飼い猫・野良猫の避妊・去勢を勧める活動を行っています。

猫は公衆衛生の点から、外で生活する猫をすべて排除する事はできません。また青少年の精神面での健全育成といった観点からも、動物愛護といった面から、私たちは命の大切さを伝えて行きたいと考えております。「捨て猫をなくす会」はかわいそうだからといって、外にいる猫にエサをやり、無責任に猫を殖している人間の集まりではありません。

里親を随時募集しています。

里親を
随時募集しています。

このサイトでは、捨て猫の里親さまを随時募集しております。年間30万匹程の犬猫がガス室での殺処分を受けています。30万人が協力しあえば、苦しんで死んでいく愛しい命を救う事が出来ます。

飼えないのなら、
ふやさない !!

飼えないのなら、ふやさない !!

野良猫の殺処分をなくす為に、猫には不妊手術を。
NPO法人 捨て猫をなくす会では、
猫の捕獲器の貸出しと不妊手術費用の助成を行っています。

保健所で殺処分の猫と
当会での不妊手術の実績

保健所で殺処分された猫
あなたの遺志を継げます 遺贈のすすめ
あなたの遺志を継げます 遺贈のすすめ
150匹の猫たちが暮らす 終いの棲家
150匹の猫たちが暮らす 終いの棲家

NEWS

『Amazon欲しいものリスト』団体登録が完了しました。

皆様ご無沙汰しておりました。気温の乱高下とコロナ緊急事態制限で、なかなか難しい状況が続いておりますが・・・・皆様はいかがお過ごしでしょうか?この度当会も、アマゾンさんの「欲しいものリスト」募集登録団体に登録させていただくことができました。HPのプルダウンメニューに追加していただきました。現在 当「猫の終いの棲家」には、あいも変わらず150匹の老・成・幼の猫さんたちが共同生活をしております。やっと、生後半年ぐらいの猫さんたちの不妊手術が、終わるかな?・・・と、いった状況です。富士市の不妊手術助成金も、そろそろ終了するそうです。富士宮市は令和2年12月で終了したそうです。なかなか、色々、難しい状況に変わりはないようです・・・皆さん!!明るく、前向きに、何事も、考えましょう!!

2021年 令和3年 本年もよろしくお願いいたします。

2021.1.20.バイデンアメリカ大統領就任式 各官僚任用の多様にも感動しましたが、アマンダ・ゴーマンさんの「我らの登る丘」心に響きましたので、掲載させて頂きます。「我らの登る丘」  日が始まる時、私たちは自問する。終わらない影の中、どこに光を見つけられるか
私たちは、沈黙が必ずしも平和ではないと学んだ。正しいとは何かという規範や観念が、必ずしも正義とは限らない 国は壊れてはいない。ただ未完なだけだ 奴隷の子孫で、母子家庭で育った、やせた黒人の女の子が大統領を夢見ることができ、その一人のために朗読する。未来を最優先に亀裂を閉じる 慈悲と威力、威力と正義を一つにすれば、愛が私のレガシーとなる 光は常にある。それを見つめるだけの勇気さえあれば。光になるという勇気さえあれば

○○さん!大変です!!

ふえたなぁ・・・・とは、思っていましたが・・・昨日令和2年10月20日(火)現在 成猫 138匹 1.5㎏未満の子猫 35匹 餌代・猫砂・ペットシーツ代・病院代 ハンパない・・・  かなり不安になってまいりました・・・

Why? 何故?

なぜ? ここに、猫がたくさんいるの・・・ なぜ?猫の終いの棲家が必要なの・・・元々、ここで生まれた猫達ではありません。ここに捨てられた猫でもありません。生まれ育った場所に、居られなくなったんです。「出ていけ!」「どこかに、行っちゃえ!!」排除された猫達です。外で暮らす猫達は、元からの野生動物ではありません。愛玩動物・ペットです。この子たちの最後の居場所とするために・・・老猫ばかりではありません。仔猫たちもいます。今日現在終いの棲家には、150匹の猫達が共に暮らしております。皆様(人間)のご理解を、お願い致します。ご寄付をお待ちしております。
今日から動物愛護週間です。

I have a dream.

私には、夢があります。信念があります。「粗末に扱われてよい命など、1つも無い、ということ」「真実を知っているのに、口をつむぐひとがいること」「善悪が観得ているのに、目を背けている人」――やさしさの勘違いから・・・外で頑張って生きる猫に、人間の食べ残しを与える人―― ――家族にアレルギーが居る ねこトイレ掃除ができないから、猫を外に出し、外で餌をあげている人・・その猫が子供を産み、子猫が干からびて死んでも・・・自然の摂理よ、とおっしゃる方――― 何か違いませんか!!当会の猫の終いの棲家には、今日現在生後半年以内の子猫26匹を含め154匹の猫さんたちが共同生活をしております。ここで生まれた猫は1匹もおりません。何故この猫達は、ここで暮らしているのか?・・・「私の家の周りで、生きていてもらっては困るの・・」排除・飼育放棄です。私の生業は、このコロナ禍で売上85%減、雇用調整助成金でなんとか首がつながっております。多頭飼育崩壊は、絶対できません。世の中の景気が悪いと、お金が動きません。流れません・・・皆様からのお心、募金を、切にお願い申し上げます。

ご協力ありがとうございました。

インコのまめちゃん無事見つかりました。やっぱりそんな遠くには行っていませんでした。ありがとうございました!

大変ご無沙汰しました。

九州熊本県・大分県他、岐阜県内大雨で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。コロナ禍大変口惜しい限りです。泥かきの大変さ、
暑い中想像如何ほどに・・・私たちの静岡県富士・富士宮市この長雨で思うように捕獲できない状況ですが、それでも「猫の終いの棲家」には、
今日現在不妊手術済みの成猫さん140匹・手術がまだできていない母猫さん6匹・2ヶ月前後の仔猫さんが、21匹同居しております。
  トイレ掃除ヘルパーさんのご協力のもと、何とか、皆ビブラマイシン飲みながら、元気です。
今回は、いつもお世話になっている富士市永田北町鵬龍の金指さんの飼いインコさんが、行方不明になってしまったとの情報を頂き、皆様にご協力いただきたくお願いいたします。お久しぶりなのに・・・インコの『マメちゃん』宜しくお願い致します。

認定認証いただけました。

先週11/7静岡県より、認定NPO法人格の認証を、頂くことができました。8年前のリベンジ足掛け10年の悲願達成です。
皆様からのご協力に、この場をお借りして、誠に簡単ではございますが感謝申し上げます。
  本当にありがとうございます。
これにより、個人の方からのご寄付はもちろん、法人の皆様からのご寄付が、所得税・住民税の寄付控除の対象となり、
 申告時に使用していただくことができます。
   「飼えない猫は、産ませません!!」👈 猫の不妊手術の推進 👉 殺処分ゼロ!!

生まれてしまった猫を殺処分する為に税金を使うのではなく、不妊手術を施し天寿を全うさせる、活きたお金にするための
                               皆様からのご寄付を、心よりお待ちしております。

猫の引取り、何故減らない?!?

去る10/8静岡県庁にて、令和元年度第1回動物愛護施策の推進に係る検討会なる会合が、設けられお声をかけていただき、
お話を伺う機会がありました。会の後半、やはりどうしても犬の殺処分数のように、ゼロに近づかない猫の殺処分(引取数)について
意見を求められ、お話しさせていただいた私の意見を、アップさせていただきます。
  約20年程前から始まった、「地域猫」「TNR 捕獲・不妊手術・リターン」活動
静岡県内でも、この地域猫活動により(元居た処に手術後離し、餌を与えている方々による、糞尿の始末)(確かに、賛否両論リリースできない地域町内が、未だあることも事実です)が、保健所に引取に出され殺処分せざる猫が、激減したことも、事実です。
  が、未だ多くの猫を、殺処分されていることも隠し切れない事実です。殺処分費用は、税金で賄われています。
添付資料の数は、政令市静岡・浜松市を抜かした数です。両市は残念ながら、倍以上の数を処分しております。
  静岡・浜松両市では、ボランティア団体さんの努力で、沢山の譲渡会が開かれ、子猫が、多くの里親さん引き取られていると、伺っております。
 保健所に、引き取りに出されている8割強は、1ヶ月なるかならないかの仔猫。それ以上になると、生粋の野良猫の子猫は、簡単には捕まりません。
なかには、執念で捕獲され持ち込むご仁もいらっしゃいますが・・・
  何故、生まれてしまう子猫が減らないか・・・
 ① 自分の寂しさから、パートーナーとして、猫に餌をあげているが、トイレ掃除ができないので、家と外を行ったり来たりな猫
 ② 里子として、子猫の内に引き受けたが、発情したのに不妊手術をせず、しないうちに、外へ出てしまった・・出てしまうようになった・・
   →⇒譲渡したほうも、里親に、不妊手術をしてくれたか確認していない!!!➡子猫の里親探しボラさんは、預かった猫を、さばくのに必死で譲渡し     た後のことまで気が手がまわらない。
      悲しいことです。 高齢者問題は、待ったなしの必須課題です。

人生100年時代

 すごいですね。御年100歳も、珍しくない時代が・・
人生に、定年なし!!
  死にたくても死ねない時代。どうせ、頑張って生きるなら、たのしく生きなくちゃ・・
      ―持続可能な 社会貢献をめざし―
 当NPO法人捨て猫をなくす会は、持続可能な社会貢献活動団体をめざし、色々な面からの体質強化を、始めます。
   皆さんも、ご一緒に、いかがですか?