NPO法人 捨て猫をなくす会

お問い合わせ

捨てないで、小さな命。


フェイスブック見てね
お知らせ

静岡県が動物愛護推進計画の一環として皆さんの動物愛護に関する意見を求めています。
県のホームページをご覧になり皆さんでファックス又はEメールで意見を投稿しましょう。

FAX:054-221-2342

新聞記事より

SOCIAL ACTION RING
SOCIAL ACTION RING

捨て猫をなくす会とは

「捨て猫をなくす会」とは、静岡県富士・富士宮市を中心に、捨てねこ防止のための
啓発活動を行う、会員90名程のボランティアグループです

「捨て猫をなくす会」とは、静岡県富士・富士宮市を中心に、捨てねこ防止のための 啓発活動を行う、会員90名程のボランティアグループです

これ以上かわいそうな猫が、増えない、生まれないよう、飼い猫・野良猫の避妊・去勢を勧める活動を行っています。

猫は公衆衛生の点から、外で生活する猫をすべて排除する事はできません。また青少年の精神面での健全育成といった観点からも、動物愛護といった面から、私たちは命の大切さを伝えて行きたいと考えております。「捨て猫をなくす会」はかわいそうだからといって、外にいる猫にエサをやり、無責任に猫を殖している人間の集まりではありません。

里親を随時募集しています。

里親を
随時募集しています。

このサイトでは、捨て猫の里親さまを随時募集しております。年間30万匹程の犬猫がガス室での殺処分を受けています。30万人が協力しあえば、苦しんで死んでいく愛しい命を救う事が出来ます。

飼えないのなら、
ふやさない !!

飼えないのなら、ふやさない !!

野良猫の殺処分をなくす為に、猫には不妊手術を。
NPO法人 捨て猫をなくす会では、
猫の捕獲器の貸出しと不妊手術費用の助成を行っています。

保健所で殺処分の猫と
当会での不妊手術の実績

保健所で殺処分された猫
あなたの遺志を継げます 遺贈のすすめ
あなたの遺志を継げます 遺贈のすすめ
150匹の猫たちが暮らす 終いの棲家
150匹の猫たちが暮らす 終いの棲家

NEWS

今年は、やはり、ちょっと変?!

6/19(水)今朝の富士山です。昨日とは打って変わっての雲一つない晴天!梅雨入りまだ・・・私は一時おさまり今年も終わったかと思っていた唯一持ってる・・唯一のアレルゲン「イネ科雑草花」にきずかず、薬を飲むのやめてしまっていたら、えらい逆襲にあってしまい・・咳がひどくなり、胸骨の間の肉が肉離れ・・昨夜の猫舎のお世話にも出られず、ボランティアの岩崎さん一人に全てお任せしてしまった程・・・岩崎さん、本当に申し訳ございませんでした。

2024.5月3日 朝日新聞掲載 5⃣

本当に、人も、動物・ペット・猫さん みんなが、悲しい・寂しい・つらい思いをしないために・・早期の対応、官民の連携でお願いします。

2024.(令和6年) 5月2日 朝日新聞掲載 4⃣

当会も、全ての里親様に譲渡契約書と、里親様に何かあった場合の猫さん達の実家に帰ってきてもらうことを、ご案内させていただいております。

2024.6月4日 昨日の雨雷 今朝の富士山

今日の方が、しっかり 富士山の雪 見えます。朝の小中学生の姿は半袖 今年は、ちょっといつもと違う・・・

人生100年時代 最後まで自分のことは自分で 自分らしく暮らしたい 2024.5/1 朝日新聞掲載

私は、血圧が高く・・20代は 上が100もいかず 低血圧だったのに・・40歳過ぎて太ってきたらみるみる上がり・・血管細すぎ・・心肥大・・・猫を残して逝けない・・・

2024(令和6年)6/3 富士山に雪!!

昨日の午後の雨風雷 上空冷えたんですね! 今朝の地震 能登地方の方にお見舞い申し上げます。雲の間の富士山の雪 見えますか?

猫ふえすぎ・・他人ごとではない・・・4/30掲載 朝日新聞2⃣

静岡県内の地域包括支援センター・生活支援員さん・民生委員さん達の間でも、かなり問題としてあがっているようです。

ペットと高齢者福祉1⃣ 朝日新聞4/29掲載

10年前ぐらいから実体験している問題です。高齢者の方々の問題だけでもありません。若い方達でも、「自分で自分の面倒がみれていない」方々のパートナー、しかし、ご飯だけもらっていて、いつの間にか増えてしまった猫さん達  人間と動物 両方の福祉問題です。

たまった新聞、やっと読み始めました

4月は、決算の締めや集計、富士市や静岡県への提出書類の作成、総会の準備等々・・ゴールデンウィークは、今年は短く4日間 この4日間は、猫の終いの棲家の衣更え・・頑張りました。気がついたら購買している新聞3紙が1ヶ月分以上たまっていて・・・世間からだいぶ出遅れていまして・・今更・・今日は、4/26の静岡新聞さんの記事から  静岡県健康福祉部 阿部冬樹技監も参加された 「サンフロント21懇話会」を皆様に 字が小さいですがご勘弁ください。

令和6年度が始まりました

皆様ご無沙汰してしまい申し訳ございません。4/1より、会計帳簿を締め、富士市へ提出の事業報告書等提出書を作成・県へ提出の役員報酬規程等提出書作成・認定有効期間更新申請書下書きを作成・・問題多数発覚・・ふじのくに未来財団様・税理士の先生にご相談ご指導いただきましたが、いやはや?!・・・
 そして、また、外飼いされている猫さん達の妊娠・・TNR・TNR!TNR!!の連続・・そして迎えた4/29の通常総会。2/22のニャンニャンの日以来、5年ぶりの対面での総会を富士市コミュニティFにて、開催させていただきました。今回、5年ぶりということもあり、理事・正会員以外賛助会員の皆様、静岡県内近隣の方々330名の方にご案内の葉書を出させて頂きました。昨年当会の猫の終いの棲家から、里親様になっていただいた方も、初めてご参加いただき、貴重なご意見頂戴し本当にありがとうございました。当NPO法人も、2006年平成18年設立登記この夏で、満18才となります。私は秋で、62歳。猫と共に歩んだ半生。実の母親には、毎晩「そんなにしたって、猫は、あんたのことなんて助けてくれないよ!」と言われながら、仕事(生業)から帰ってきた夜に、猫舎に行く毎晩・・猫さん達を私に預けた、託した。当会にTNRをしてくれ・手伝ってくれ!と、言ってきた、この20年に様々な形でかかわってきた人間の皆様に、色々勉強させていただきました。時代も移ろい、人と自治会・市町の構成も大きく変わってきました。しかし、令和7年度中の移転を目指し、富士市の大淵に静岡県動物愛護管理センターが、開所します。もう少し頑張りたい!認定NPO法人捨て猫をなくす会の存在意義を考え続けている毎日です。