NPO法人 捨て猫をなくす会

お問い合わせ

捨てないで、小さな命。


フェイスブック見てね
お知らせ

静岡県が動物愛護推進計画の一環として皆さんの動物愛護に関する意見を求めています。
県のホームページをご覧になり皆さんでファックス又はEメールで意見を投稿しましょう。

FAX:054-221-2342

新聞記事より

SOCIAL ACTION RING
SOCIAL ACTION RING

捨て猫をなくす会とは

「捨て猫をなくす会」とは、静岡県富士・富士宮市を中心に、捨てねこ防止のための
啓発活動を行う、会員90名程のボランティアグループです

「捨て猫をなくす会」とは、静岡県富士・富士宮市を中心に、捨てねこ防止のための 啓発活動を行う、会員90名程のボランティアグループです

これ以上かわいそうな猫が、増えない、生まれないよう、飼い猫・野良猫の避妊・去勢を勧める活動を行っています。

猫は公衆衛生の点から、外で生活する猫をすべて排除する事はできません。また青少年の精神面での健全育成といった観点からも、動物愛護といった面から、私たちは命の大切さを伝えて行きたいと考えております。「捨て猫をなくす会」はかわいそうだからといって、外にいる猫にエサをやり、無責任に猫を殖している人間の集まりではありません。

里親を随時募集しています。

里親を
随時募集しています。

このサイトでは、捨て猫の里親さまを随時募集しております。年間30万匹程の犬猫がガス室での殺処分を受けています。30万人が協力しあえば、苦しんで死んでいく愛しい命を救う事が出来ます。

飼えないのなら、
ふやさない !!

飼えないのなら、ふやさない !!

野良猫の殺処分をなくす為に、猫には不妊手術を。
NPO法人 捨て猫をなくす会では、
猫の捕獲器の貸出しと不妊手術費用の助成を行っています。

保健所で殺処分の猫と
当会での不妊手術の実績

保健所で殺処分された猫
あなたの遺志を継げます 遺贈のすすめ
あなたの遺志を継げます 遺贈のすすめ
150匹の猫たちが暮らす 終いの棲家
150匹の猫たちが暮らす 終いの棲家

NEWS

主催:富士市 防災講演会 「災害時のペット避難について考える」の ご案内

先程のご案内の防災講演会は、紙(or Fax)での、申し込みとなっております。こちらを印刷してお使いください。宜しくお願い致します。

主催:富士市 防災講演会 「災害時のペット避難について考える」の ご案内

先程 あいおいニッセイ同和損保静岡支店 沼津第二支社 支社長 岩瀬 一 様が、日乃出町の事務所の方に、富士市議会議員 関 明美 さんよりご紹介いただいて、と、お見えになりました。本当に、富士市全市内の1次避難所は、動愛法で求められているペットの同行避難について、全く理解協力のための住民同士の相互理解が進んでいなく・・全く情けない限りだと、常々おもっておりました。私個人は、動物愛護推進委員として、静岡県災害時動物愛護ボランティア登録更新をしております。ペットを飼われていらっしゃる方・動物愛護に関心のあられる方、是非この講演会を、公聴いただけると幸いです。

今年は、やはり、ちょっと変?!

6/19(水)今朝の富士山です。昨日とは打って変わっての雲一つない晴天!梅雨入りまだ・・・私は一時おさまり今年も終わったかと思っていた唯一持ってる・・唯一のアレルゲン「イネ科雑草花」にきずかず、薬を飲むのやめてしまっていたら、えらい逆襲にあってしまい・・咳がひどくなり、胸骨の間の肉が肉離れ・・昨夜の猫舎のお世話にも出られず、ボランティアの岩崎さん一人に全てお任せしてしまった程・・・岩崎さん、本当に申し訳ございませんでした。

2024.5月3日 朝日新聞掲載 5⃣

本当に、人も、動物・ペット・猫さん みんなが、悲しい・寂しい・つらい思いをしないために・・早期の対応、官民の連携でお願いします。

2024.(令和6年) 5月2日 朝日新聞掲載 4⃣

当会も、全ての里親様に譲渡契約書と、里親様に何かあった場合の猫さん達の実家に帰ってきてもらうことを、ご案内させていただいております。

2024.6月4日 昨日の雨雷 今朝の富士山

今日の方が、しっかり 富士山の雪 見えます。朝の小中学生の姿は半袖 今年は、ちょっといつもと違う・・・

人生100年時代 最後まで自分のことは自分で 自分らしく暮らしたい 2024.5/1 朝日新聞掲載

私は、血圧が高く・・20代は 上が100もいかず 低血圧だったのに・・40歳過ぎて太ってきたらみるみる上がり・・血管細すぎ・・心肥大・・・猫を残して逝けない・・・

2024(令和6年)6/3 富士山に雪!!

昨日の午後の雨風雷 上空冷えたんですね! 今朝の地震 能登地方の方にお見舞い申し上げます。雲の間の富士山の雪 見えますか?

猫ふえすぎ・・他人ごとではない・・・4/30掲載 朝日新聞2⃣

静岡県内の地域包括支援センター・生活支援員さん・民生委員さん達の間でも、かなり問題としてあがっているようです。

ペットと高齢者福祉1⃣ 朝日新聞4/29掲載

10年前ぐらいから実体験している問題です。高齢者の方々の問題だけでもありません。若い方達でも、「自分で自分の面倒がみれていない」方々のパートナー、しかし、ご飯だけもらっていて、いつの間にか増えてしまった猫さん達  人間と動物 両方の福祉問題です。