NPO法人 捨て猫をなくす会

お問い合わせ

捨てないで、小さな命。


▲▲▲
この検索窓で買い物すると
自動的に当会へ寄付に!

フェイスブック見てね
お知らせ

静岡県が動物愛護推進計画の一環として皆さんの動物愛護に関する意見を求めています。
県のホームページをご覧になり皆さんでファックス又はEメールで意見を投稿しましょう。

FAX:054-221-2342

新聞記事より

SOCIAL ACTION RING

捨て猫をなくす会とは

「捨て猫をなくす会」とは、静岡県富士・富士宮市を中心に、捨てねこ防止のための
啓発活動を行う、会員90名程のボランティアグループです

「捨て猫をなくす会」とは、静岡県富士・富士宮市を中心に、捨てねこ防止のための 啓発活動を行う、会員90名程のボランティアグループです

これ以上かわいそうな猫が、増えない、生まれないよう、飼い猫・野良猫の避妊・去勢を勧める活動を行っています。

猫は公衆衛生の点から、外で生活する猫をすべて排除する事はできません。また青少年の精神面での健全育成といった観点からも、動物愛護といった面から、私たちは命の大切さを伝えて行きたいと考えております。「捨て猫をなくす会」はかわいそうだからといって、外にいる猫にエサをやり、無責任に猫を殖している人間の集まりではありません。

里親を随時募集しています。

里親を
随時募集しています。

このサイトでは、捨て猫の里親さまを随時募集しております。年間30万匹程の犬猫がガス室での殺処分を受けています。30万人が協力しあえば、苦しんで死んでいく愛しい命を救う事が出来ます。

飼えないのなら、
ふやさない !!

飼えないのなら、ふやさない !!

野良猫の殺処分をなくす為に、猫には不妊手術を。
NPO法人 捨て猫をなくす会では、
猫の捕獲器の貸出しと不妊手術費用の助成を行っています。

保健所で殺処分の猫と
当会での不妊手術の実績

保健所で殺処分された猫
あなたの遺志を継げます 遺贈のすすめ
あなたの遺志を継げます 遺贈のすすめ
150匹の猫たちが暮らす 終いの棲家
150匹の猫たちが暮らす 終いの棲家

NEWS

R5.2/2磐田市より転入

昨日連れてきてもらいました。身体は小さいですが、出産経験者です。シヤー!シャー!!素晴らしく手が出ます・・・今日は節分 春までには、ゲージから出たいね?・・・

1/27 入所 新入りです!

お父さんと二人暮らしでした。お母さんは、2年ほど前に亡くなりました。お父さん、具合が悪くなって病院行ったら、即座の「余命1か月です・・」僕は生後2週間ぐらいで、ミルクから育ててもらいました。お父さん、「メスだと思ったんだよね・・・」僕の名前は「み~ちゃん」です。お父さん、今まで育ててくれてありがとう!今日動物病院さんの予約に割り込ませてもらって、去勢手術に行ってきます。

2022寅年も、もうすぐ終わり ご挨拶 No.6 最終

本当のやさしさは、そんなかわいそうな子供が産まれないようにすることです。私も、満60歳。年金生活者となったら、猫の餌代も払えません。現在、猫の終いの棲家共同生活猫 子猫14匹・手術済猫147匹です。人にも、動物にも、2023年、全ての生きるものに幸あれ!!世界中の紛争が、無くなりますように! 皆に幸あれ! 良いお年を!!!

2022寅年も、もうすぐ終わり ご挨拶 No.5

寒いから、ひもじそうだからと、【猫にごはんをあげる】お優しい気持ちはわかります。しかし、それは、本当の、真のやさしさではないと考えます。

2022寅年も、もうすぐ終わり ご挨拶 No.4

でも、生まれてしまったんです。彼らも、生きるために必死なんです。

2022寅年も、もうすぐ終わり ご挨拶 No.3

でも、猫やほかの生き物すべて、必死に生きようとしている。人間と同じです。死んでしまえば、苦しむより楽でしょう。

2022寅年も、もうすぐ終わり ご挨拶 No.2

35年前は、「野良猫」という言葉がありました。道路で車に轢かれた猫の死体をよく観たものです。猫のNPO活動を始めてもうすぐ20年、私は令和4年、満60歳を迎えることができました。ここまでの半生30年、私の稼いだお給金と自分の時間、夫や子供達の迷惑に思う気持ちを顧みず、全てを、猫の保護活動に充ててきたと思っております。両親にも、「なぜ、あなたなの?」「猫に憑りつかれたんだ・・・」と、嘆かれ‥確かに・・・

2022寅年も、もうすぐ終わり ご挨拶 No.1

先月後半から今月の2日までの15・6日間富士市大淵穴原のお宅でご飯をもらっている猫さんたちのTNRを、そのお宅の方からの要請で行いました。結果、成猫雌5匹・雄3匹は、手術してリリース。まだ手術できない大きさの子猫さん達7匹は、保護させていただきました。折しもサッカーワールドカップ、侍ジャパンの快進撃が続いていた時でした。今朝の寒さで、改めて子猫捕まえられてよかった~!・・・と、感じられました。しかし、どうしても捕まえられなかった三毛猫母さん1匹と、まだ若いとみえた、小柄な長毛真っ黒の2匹・・・三毛さん、えらいです。賢いです。・・・また、年明け、産まれたら、どうするんでしょう?・・・何故?猫の活動(保護や非営利活動)を始められたのですか?と、聴かれることがあります。なぜでしょう?息子が、まだ2歳になる前、その頃住んでいた実家の近くの吉原公園の私の目の前で、ほんの生後1か月の仔猫が「グジャッ!!」と、車に轢かれて死んだ衝撃的な光景を目にしたことから、始まったのだと思います。

大野新田 仔猫1/3

この富士市大野新田より捕獲・不妊手術・保護は11月1日と3日に行いました。依頼者は一人暮らしの私より年上とお見受けされる、自称「障害者」の女性です。11/16本日現在、当会「猫の終いの棲家」には、まだ不妊手術をしてもらうには難しい、1.5㎏未満の子猫8匹と手術の済んだ1歳前後~老猫まで157匹が同居しております。ゲージの数は、31台。エイズ・白血病のWキャリアは、残念ながら一生ゲージ暮らしです。ゲージ生活で、丸々と太ってしまったお猫さんも何匹か居りますが・・・彼らにとってここでの生活は、良かったのか?災難なのか?・・・しかし、彼らにどこで生活するか、選択の余地はありませんでした。

大野新田の仔猫2/3です。

一匹は、栄養不良で、眼が潰瘍になっています。